« 2020年1月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
2017年2月11日

歯科医なら納得、「オーラルフレイル」

聞き慣れない言葉かと思います。
そもそも「フレイル」っていうのは、我々の体が「虚弱」・「老衰」・「脆弱」といったようなストレスに弱くなっている状態のことを指すようです。放置をせずに早期介入をすれば元に戻る可能性があると考えられている・・・そんな状態のことを指すんですね。
我々の親世代がそうですが、一般的に高齢者のフレイルは「生活の質を落とす」ことに止まらず、様々な合併症も引き起こしかねないという危険性を孕んでいることは周知の事実でもありましょう。

厚生労働省研究班の報告書に目を通すと・・・・

●『加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、複数の慢性疾患の併存などの影響もあり生活機能が障害され、心身の脆弱性が出現した状態である』

と定義されているようですが、

●『一方で適切な介入・支援により、生活機能の維持向上が可能な状態像』

ともされているようです。

つまりは健康な状態・・・でも無いけど、かといって日常生活でサポートが必要な介護状態・・・でもない、その中間を意味するような状態が「フレイル」となりましょうか。
残念ながら多くの方はフレイルを経て要介護状態へ進むと考えられていますが、当たり前かとも思いますが若年者よりも高齢者において特にフレイルが発症しやすいことは明かなんだろうと思われます。

確実に高齢者が増えている現代社会において、「フレイル」の状態になるべく早く気付き、加療や予防策を講じて正しく介入することが大事なんでしょうね。

Reception.JPGさぁ~そこで「オーラルフレイル」です。「オーラル」は口のことを指しますから、これは「人は口の機能から老いる」という考えになりましょうか。
食べこぼしや噛み辛さ、飲み込みにくさ、喋りにくさ・・・・歯や口の機能低下に伴い我々人間そのモノの老化が進んでしまうという考え方であります。

「老い」は足元からだけで無く、口元からも忍び寄るんですよね。(泣)
お口の健康に関わる仕事に従事する我々がもっと対外的に情報発信していく必要性を痛感する昨今であります。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.sakaident.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/817

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
https://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するためにデジタル治療設備の充実と技術の研鑽&向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩