« 2020年1月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
2016年5月29日

歯の表面を覆うのは「エナメル質」です

明眸皓歯という言葉があります。

調べてみると、『美しく澄んだ目もとと白く美しい歯並びの意から美女の形容に用いられる。非業の死を遂げた楊貴妃を偲んで唐の詩人杜甫が作った詩の語で、もとは楊貴妃の美貌びぼうを形容した語。「眸」は瞳のことで「皓」は白くきれいなこと』と載っておりました。

明眸皓歯

この笑顔からこぼれる美しい歯・・・・話をしている時や食物を咀嚼している時、見え隠れしますよね。また、お顔の綺麗さにも大きな役割を果たしている歯。
その目に見える歯は、一般的には「歯冠部」と呼ばれる根以外の白い部分です。そして、その歯冠部の表面に当たるところがエナメル質と呼ばれています。

エナメル質はその主成分の多くがカルシウムであるため、歯のエナメル質は骨の一種だと思うかもしれませんが、実際は骨とは異なる成分からできています。
例えば、エナメル質は骨を構成するコラーゲンを含みません。また、身体のなかでは一番硬い部分であるにもかかわらず意外ともろく壊れやすいのです。
その役割と言えば下記の2点でしょうか。

① 象牙質や歯髄を外敵から守る

エナメル質は身体の中でも最も硬いと言われています。内部にある比較的に柔らかい象牙質や神経の集まっている歯髄(いわゆる神経)を外部の刺激や細菌から守ってくれます。

② 硬い食べ物を噛み砕く

エナメル質は水晶ほどの硬さがある組織とされています。その頑丈さが、咀嚼時に体内に栄養を運ぶために食べ物を噛み砕くという重要な役割を果たしています。消化の第一歩に大きな役割を果たしていると言えましょう。

日々の診療時にも良く感じますが、人間の躰って何処までも上手く出来ているんですよねぇ。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.sakaident.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/610

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
https://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するためにデジタル治療設備の充実と技術の研鑽&向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩