« 2020年1月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
2016年5月 4日

主流を占める銀歯からセラミックへ

国民医療の健康保険制度が確立したのは戦後のいつ頃だったんでしょうか?

いわゆる「銀歯」なるもの・・・正式には「金の含有量12%の金銀パラジウム合金」となりますが、保険適用であったが故に欧米人に「日本人は銀歯・・・」と揶揄されるほどに多用された経緯があったようです。

モチロン、今でも重宝されることに相違はありませんが、ここ数年は保険制度上も金属からレジン樹脂レジンからセラミックへの転換が起こってるように感じます。

保険でも小臼歯にはまったくメタルを使わない歯冠修復物(被せモノ)が認められましたし、制約こそあれ大臼歯にも認められつつあります。

これからどんな時代になるんでしょうかねぇ。

セラミックにしても強度が3倍にも増した二ケイ酸リチウムガラスセラミックスe.max)が出回って来ましたし、やがては色の問題さえ克服出来れば更なる高強度のジルコニアへと移行していくことでしょう。

もっともあまりに高強度だと相手となる対合歯にダメージが来ますから悩ましいところではありましょうか。

セラミックのブロック.JPG

写真はセラミックのブロックです。
セレックと呼ばれる機械で歯冠修復物(被せモノ)を削り出して行きます。

※ いわき市の「酒井歯科医院」のホームページはこちらです。

ページの先頭へ

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL:

https://www.sakaident.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/569

酒井歯科医院
院長 酒井直樹

酒井歯科医院 院長 酒井直樹

医院サイト:
https://www.sakai-dent.com/

こんにちは。酒井歯科医院の院長/酒井直樹です。当院は福島県いわき市中央台の住宅街にあり、緑豊かな公園や幼稚園、小・中学校が周辺にある、のびやかな環境に恵まれた歯科医院です。開院してから二十数年、素敵なスタッフと共に地域の歯科医療の発展に努めて参りました。
多くの方々に良質で最良の歯科医療を提供するためにデジタル治療設備の充実と技術の研鑽&向上を心掛け、チーム医療体制を組みつつ診療に従事する毎日です。
またナンとなくお解りいただけようかと思いますが、医院HPやこの「院長ブログ」・SNSを通じての情報発信が・・・大好きであります。
お口や全身の健康維持からトレンディな医療技術提供まで、咬合全体を捉えた治療と予防で総合的なデンタルヘルスケアをご提供出来るように心掛けております。
歯の健康に少しでも不安を感じたら、まずはこちらから御相談下さい。

  • リンク
  • 友だち追加

  • 酒井歯科医院求人サイト

  • 審美治療専門サイト

  • Facebook

  • twitter

  • Instagram

  • ArtGallery彩